エンキン

エンキン(fannkeru)ファンケルのブルーベリー&ルテインサプリ

スマホやパソコンの長時間使用によって目がぼやけてしまったり、小さな字がぼやけて見えるようになってきたらファンケル(fancl/fannkeru)のブルーベリー&ルテインサプリのエンキンです。

 

手元のピント調整機能を助けるとされるブルーベリー&ルテイン、アスタキサンチン、シアニジン-3-、ルコシド、DHAが配合されているエンキン(えんきん)はテレビCMでも有名ですね。

 

エンキンの豆情報

 

こうした水晶体の衰えで調整機能が衰えてくるのが20歳辺りからとなっていますが、症状が現れてきて自覚する様になってくるのが40歳前後ではないかと言われています。
先ずは「首の凝り」ですね。
こうなると目の使い方が偏ってきてしまってバランスが悪くなってしまい、目の運動機能が養われない状況になってしまうのです。
目のツボを押したりマッサージしたりする方法はどこでもいつでも道具が無くても出来る簡単な物ですので、少し空いている時間が有った時にでも実践してみると良いですよね。
視力が悪くなった方でもそれが軽度の物で有ればレーシックを受ける程でも無いなと思うでしょうが、そのまま放っておいてしまっては更に悪くなってしまう事になりますよね。
簡単な視力回復方法としては、視力アップに繋がるツボを刺激するとか、目を癒して疲れを取り血行をアップさせる様に目を温めたり、目の周辺をマッサージしたりすると言う視力回復方法も有ります。
ドラッグストアに行ってみるととてもたくさん目薬が置いてあって何を選んだら良いのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。
こうした事から瞬きはとても大切な事だと言う認識が出てきて、視力回復方法として瞬きがオススメされる様になってきたのです。
実践する為には常に意識をする必要が有り最初は大変かもしれませんが徐々に慣れてくると思いますので、是非生活環境を変えて視力回復をすると言う事を実践してみてください。
ニンテンドーDSのソフトに視力回復が期待出来る物が有るらしく、今視力回復方法として注目を集めています。
どちらにしても視力回復方法は眼科を一度受診し、原因と程度を調べてもらい、自分に合った方法で回復させていくのが一番望ましいのではないでしょうか。
この他にも精神的な物から眼精疲労になるケースも有ると言います。
何にしてもそうですが、自分の目に合った目薬を選ぶ様にしましょう。
一度視力が低下してしまったら二度と回復しないと思う方もいると思いますが、視力回復の方法は色々有ります。
どういうメガネかと言うと小さな穴がたくさん空いているメガネの事でその小さな穴から外を見るだけで視力回復が望めると言うメガネになります。
これだけで眼球を鍛えられるのです。

そこで効果が出やすい方法として挙げられるのが「レーシック手術」になると思います。
次に「ピンホールメガネ」と言う視力回復グッズが有ります。
先ずオススメの方法としては「マジカルアイ」と言う3Dの絵本の事で立体視出来る様になっています。
コンタクトレンズを使っている方の中で視力回復を望んでいる方も多いと思いますが、視力回復の為にはコンタクトレンズの長時間使用は避けた方が良いと言われているみたいです。
ですから安易にレーシックをやろうとか考えるのではなくて、眼科を受診して原因を調べてもらう事から始めた方が良いと思うのです。